ときめかない病?

| 未分類 |

ここ最近、女子を中心に「ときめかない病」とやらが流行っているらしい。
その「ときめかない病」とは何なのか・・・。
飲み会などの出会いの場で、男性と出会ってもときめかず、それが一度や二度ではなく何年もというのだ。
そのときめかない病の女子たちは、男性を減点法で採点していく。いいところが見いだせずに終わってしまうケースが多いという。
ときめかない病の女子に見られるもう一つの原因は「エア恋愛」をしてしまっていること。
妄想の中で恋をして完結してしまう。妄想の中の世界は好きなようにシナリオを作れるが、現実はそうはいかない。
妄想の中の恋愛の「エア恋愛」にハマればハマるほど、現実の男性との恋愛とは遠ざかる一方である。
このように「ときめかない病」が増えている現実。男子のみなさんはどのように対策する?

クジャク

| 未分類 |

クジャクの特徴的な目玉のような羽根の模様は雄特有のもので、雌に求愛するときに大きく広げたりする。

その雄にしか見られなかった羽根の模様が、ある雌のクジャクに見え始めたという。

京都市の動物園で飼育されている雌のクジャクの羽根に、雄特有の目玉模様が見え始め話題になっている。目玉模様があるのは16歳以上とみられるクジャク。コウライキジなどのキジ科の鳥は高齢になるとホルモンバランスによって雄の特徴が出るそうだが、クジャクの雌にこのような現象が起きたのは初めてだという。このクジャクは高齢のため、雄が繁殖期に見せるような飾り羽を広げる行動は見られないそうだ。

ちなみに珍しいクジャクで言うと、全身真っ白なクジャクも存在する。飾り羽を広げたその姿は神々しくてため息が出るほど。どちらのクジャクも、ぜひ一度見てみたい。

肌の透明感の正体

| 未分類 |

女性がなりたい肌、それは「透明感のある肌」。

綾瀬はるかや、宮崎あおい、武井咲など女優さんはみな美しい肌で、透明感があると言われている。

女性はみな、透き通った透明感のある肌に憧れを持っている。

そんな「透明感」のカギを握っているのは、「光」だというのだ。

透明感のある肌は、肌の内側から反射する光の量が多いのだという。

反射は肌の表面だけでなく、肌の中に入って角層内部で反射し、戻ってくる。

肌の輝きの10%は肌表面、40%が肌内部からの光の逆拡散によるもの。

健康的で透明感のある肌は、肌の外と中で光がムラなく反射されることで作られる。

その効果を補うためのファンデーションもいくつか販売されているという。

美容女子の間では、「透明感=光」というのは常識なのかもしれない。

 

ノーベル物理学賞

| 未分類 |

青色発光ダイオードの開発を手掛けた3人の日本人がノーベル物理学賞を同時に受賞した。

発光ダイオード(LED)は電球や蛍光灯などよりも消費電力が少なく寿命が長いという特性を持っている。しかし本格的な実用には赤、緑、青の光の3原色がそろっていないとできず、赤と緑は早くから開発されていたが、青色は明るい光を出すことが困難だった。世界中の企業が開発にしのぎを削っていた頃、前述の日本人開発者らが当時の常識を覆す明るさの青色LEDを完成させた。これによってLEDの応用範囲が広がり、経済的で省エネにもなり人々の暮らしを大きく変えた。

日本人の真面目な気質が実を結んだ今回の受賞。全国的にもお祝いモードになりそうですね。

エアフォースワン

| 未分類 |

「エアフォースワン」は大統領専用機と訳されることが多いですが、本来はアメリカ大統領が搭乗した際のアメリカ空軍機のコールサインのことです。

なので、戦闘機や輸送機でも、アメリカ大統領が乗ればエアフォースワンになります。
副大統領が搭乗した際のコールサインは「エアフォースツー」です。
アメリカ合衆国には大統領専用機として、ボーイング社のジャンボ機「747-200B」が2機もあり、特別な設備が施され様々な装備が備えられているので、「空飛ぶホワイトハウス」と呼ばれることもあります。
エアフォースワンは全長70.4m・高さ19.4m・翼長59.6mで最大102人が搭乗できるようになっており、大統領執務室・大統領専用スイート・会議室・医務室・調理室・コックピット・通信室・後部座席などがあります。調理室では一度に100人分の料理を作ることができ、医務室では手術も行えます。

 

 

 

 

トーマス・ハント・モーガン

| 未分類 |

動物学や発生学を学んだ後、ショウジョウバエを用いた遺伝学研究を行った。当時はメンデルの法則が再発見されたばかりであり、遺伝子の実体が DNA であることはもちろん分かっていないばかりか、遺伝子の存在すら疑問視されていた。

彼はショウジョウバエの突然変異を集め、それらの間で交配実験を行うことで、1913年、染色体地図を作製した(モーガンの弟子の一人であるスターテバントが主に行った)。同時に、それと唾液腺染色体の模様と比較することで染色体上にある遺伝子の位置を特定し、それによって遺伝子が染色体の上にあることを証明した。

イグノーベル賞

| 未分類 |

同賞を企画運営するのは、サイエンス・ユーモア雑誌『風変わりな研究の年報』 (Annals of Improbable Research) と、その編集者であるマーク・エイブラハムズである。共同スポンサーは、ハーバード・コンピューター協会、ハーバード・ラドクリフSF協会など。

同賞には、工学賞、物理学賞、医学賞、心理学賞、化学賞、文学賞、経済学賞、学際研究賞、平和賞、生物学賞などの部門がある。毎年10月、風変わりな研究をおこなったり社会的事件などを起こした10の個人やグループに対し、時には笑いと賞賛を、時には皮肉を込めて授与される。

イグノーベル賞の受賞条件は「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」である。このため「日本トンデモ本大賞」などと同じく疑似科学者が受賞することも多く、例えばホメオパシーの信奉者ジャック・ベンベニストには1991年と1998年の2度、イグノーベル賞が贈られている。一方で、正統的な科学研究でも受賞条件を満たしていれば賞が送られる。

また、受賞に不正確さなどは勘案されない。ユーモラスであれば、人類の進歩への貢献などとは無関係に選考の対象となる。

第一次ブルガリア帝国

| 未分類 |

ローマの衰退にともないゲルマン民族のゴート人がこの地域に侵入。続いて遊牧民族のアヴァール人が侵入してきた。そして6世紀までにはスラヴ人(南スラヴ人)が居住。これをテュルク系のブルガール人が征服にて681年にブルガリア帝国を建国した。

ブルガール人は先住民族のスラヴ人と同化してブルガリア人を形成し、南方の東ローマ帝国からビザンティン文化を受容し、9世紀の終わりにはボリス1世のもとでギリシア正教に改宗した。これによって異教の弾圧が進んだため、保守的なブルガール人の貴族の反乱が起こったが、これらは鎮圧された。

流行りの酵素

| 未分類 |

過去にも色々なダイエットブームってありましたよね。リンゴダイエット、お菓子ダイエット、こんにゃくダイエット、もやしダイエット…

こういったダイエットにありがちなのですが、最初は火が付いたように流行するものの、尻つぼみになるというパターンが多いものです。ですが、今はやりの酵素ダイエットに関してはそのような気配がないんですよね。何故でしょうか?

 

そもそも酵素というものは、我々の体の中にもともとある栄養素の一つで、消化を助けたりするものです。酵素は食べ物にも含まれていて、ジュースやサプリにもなっています。そのジュースやサプリを食事直前に摂取すると、事前消化がおこなわれるようになり、良好な消化が実現するとのこと。

酵素の働きによって生成される発酵代謝産物は、直接的に腸内環境を変えて、同時に、有用菌に対する必要な成分を提供してくれます。つまり腸内環境が良好になるわけですね。お通じもよくなるという事。

 

消化を助け、お通じが良くなる。つまり体を中から変えていってくれるという事です。よくある「○○で●●キロ痩せた!」というものではなく、「太りにくい体質」に変えてくれるというのが酵素ダイエットの大きなポイントと取る人は多いのではないでしょうか?

ただ、体質に合わない人はにきびができたり下痢になったりということもあるので、注意しましょう。

 

ダイエットの為だけではなく、体を中から変えて健康的になれるのです。人気の理由も分かりますよね。もしも酵素でのダイエットに興味がある方がいるようでしたら酵素ダイエットでやせる方法が載っているサイトがありますので、是非参考にしてみてください。

医師

| 未分類 |

病気や体調不良で病院に行ったにも関わらず医師の対応で嫌な思いをされた方、いるんじゃないでしょうか?

これはとあるAさんの話です。

 

Aさんは小さい時に頬に赤い湿疹が出来てしまい、昔から世話になっていた、皮膚科やアレルギー科も診れる小児科の先生から弱いステロイド系の薬をもらって、症状が出るとそれを塗っていました。

その後引っ越しを機に近くの皮膚科で同じお薬を頼んだところ、「脱ステしなければダメ」ということになり、別の薬を塗るようになったそうです。ステロイドは副作用等もありますから、そういうことで出されたのでしょう。

ですが、先生の指示通りに塗っても全く改善されず、更に悪化して痒みも出てくるようになってしまったそうです。更に頬が真っ赤になってしまい、職場でも指摘されとても困ったため別の皮膚科の先生へ行ってみたそうです。

するとその皮膚科の先生、いきなり溜め息をつき、「このくらいで薬なんかつけることねーんだよ。俺ステロイドって嫌いなんだよな。薬あることはあるけど出したら使うでしょ?」と横目で睨まれながら聞かれ、Aさんは「接客業で職場の人からもこの状態では指摘されてしまうので症状が出たら薬は使います…」と言うと医師は鼻で笑いながら指をさし「ほら!今使うって言った!そんなんだから薬なんか出すことない!」と言われてしまい、「前の薬もらった皮膚科に戻れば」と言われてしまったそうです…。

その後、昔に薬を貰った小児科の先生のもとに行くと「ステロイドは使い方を間違えなければ大丈夫な薬だ」と説明され、薬を頂けたそうです。

 

確かにステロイド系は逆に炎症が起きたりと副作用が多いと聞いたことはあります。脱ステしなければというのも、使い方さえ間違えなければ、というのも分かります。けどちょっと最後の皮膚科の先生乱暴すぎませんかね?

薬を使わず様子見してみろってことかも知れませんが、言い方とかが乱暴横暴ですよ。院内でもこういう風に振る舞っているんでしょうか。看護師もつらいでしょうね…。

今は看護師の離職率が高いそうですが、仕事の辛さだけではなく、こういう困った医師や先輩というのも原因の一つかもしれませんよね。

もしもいまの職場から転職したいと考えている看護師の方、いらっしゃるようでしたらインターネット等で探してみてはいかがでしょうか?転職に成功するとお祝い金がもらえるサイトもあるそうなので、是非利用してみては?